紀陽銀行の教育ローン

紀陽銀行ローンの中では教育ローンもオススメです。教育ローンとは授業料など教育関連資金に利用できるローンで、主に大学の学費に充てる人が多いです。四年制大学の授業料は国立でも50万円以上、私立だと70万円以上になります。これに教科書代や通学費用などもろもろの経費を合わせるとあっという間に膨れ上がり、子どもの頃から教育資金を積み立ててもカバーできないことがあります。

そんなとき紀陽銀行教育ローンが便利です。授業料以外の入学金や在学するための費用全般に使えて、汎用性が広いことが特徴です。紀陽銀行では教育ローンが2種類あり、カードローン型と目的プラン型のものを選ぶことができます。目的プラン型は融資金額が最大1000万円で融資期間も最長10年なので、学費の高い医学部や留年も心配いりません。カードローン型は手軽に利用できますが500万円までしか利用できません。しかし文系の学部や国立であれば充分家計の助けになります。

しかし教育資金を賄う方法はいくつか選択肢があります。たとえば奨学金や学費免除制度の利用です。奨学金は数多くの公的機関や民間団体が用意しており、返済能力が審査内容に響かないので教育ローンよりも利用層が幅広い傾向にあります。金融機関と違って金利がないことも多く、ローンよりも印象が良いのも特徴です。しかしローンに比べて借入金額が少ないため、不足分の教育費用をカバーしきれないこともあります。

また教育ローンの心配点は就職してすぐ、場合によっては在学中から返済が始まることです。留年や転入で借入期間を延ばしても限界があるので、学費の目途が立たなくなって中退というケースもあります。返済専用期間はカードローンの場合8年が限界なので、あまり借りすぎても就職先によっては返済が大変になる可能性が高いです。